災害時までに私たちができること(犬と家族)

ブログをご覧いただきありがとうございます。

桜も散って来ました~

散ってきたねーと、朝、散歩の時すみれに話しかけたら

まあ、止まってもいいけどさ・・朝ご飯が気になるんだよね💦

みたいな、つれない態度。でもなんだかんだご機嫌でした。

その後、大阪へ! 今日は災害までに私達にできることはというセミナーに参加しました。

2011年の地震の際の現状、その時に立ち上がった動物救護センターの話

内容の濃いお話でした。

私は、台風の際に避難勧告が出た経験もあり、犬との生活でどうすればいいのか

いろいろ考えています。

まずは、食料、飲料の保存。後、意外と役に立つ犬用グッズなどの常備。

そして人のストレスも計り知れないものですが、犬のストレスも膨大なものがあります。

我が家の犬は基本クレートに入って寝ています。

出張トレーニングでお話を聞くと多かったのが、

クレートは窮屈そう、閉じ込めてかわいそう、ということでした。

このクレート、実は犬にとって安心できる場所になるのです。

災害が起こった時、おうちを出ないといけなくなった時

また普段の生活のなかでのお困りごとの解決の手段、いろいろな場面で大活躍します。

いろいろ役に立つトレーニングもありますので、ぜひお問合せください。

 

 

関連記事

  1. 何があったのかな?

  2. 今日の散歩

  3. 吠えるか吠えないか?