体全体で感情をアピール!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます😆

今日は、犬の感情の表現のすお話です。

犬は、体勢や、耳、口(歯)、しっぽなど

すべての部分で感情を表します。

ひとつの部分だけでは、判断しづらい時も

あるので、いろいろな所を見て判断してください。

例えば口は、緩んでるときは機嫌のいいときが

多いです。逆に緊張しているときはしっかり閉じます。

しっぽは、吠えていても下がっているときは、 怖がっている場合が多いです。強気ならぴんと立ちます。

威嚇は、相手の犬と無駄なケンカを避けたい為に行います。自分の方が強いと感じたときと、自分の方が弱いと感じた時で、やり方を変えています。歯の見せ方も違います。

耳も強気な時や何かに集中しているときは、立ちます。逆に弱気な時や戦意のないときは後ろに倒し頭も低くなります。

垂れ耳の犬種はややわかりづらいですが、他の部分と合わせて感情を読み取ってください。

 

 

 

 

関連記事

  1. おしゃれー

  2. ホームページをオープンしました!

  3. くちゅーっと(^^;)