幼児と愛犬をどうするか?

姫路で犬のしつけ、出張型のトレーニングならdogs llife calmへ🐩

 

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

昨日、孫の子守りをしていました。毎週来ている感じです。お互い慣れたもんです。

時々、ご相談を受けますが、今回は、小さなお子さんと愛犬との暮らし方です。

私は、孫ということもあり、来た日は、私達ゾーンとくう、すみれゾーンをしっかり分けています。

理由は、食事の準備など、目を離すこともあるから。

まだまだ、ミルクの匂いがしたり、不規則な動きもします。

犬にとっては得体の知れないもの😰

100%何事もないとは言い切れません。

でもでも、お互いを印象はいいものにしたいということで、抱っこで、無理のない距離で近づいたりしています。

一緒に、暮らしておられる方も多いと思いますが、小さい子供さんは、力の加減ができないので、しつこく触ったり、叩いたりします。子供さんにとっては、当たり前の行動です。ただ、犬にとっては、かなりのストレス😞💦我慢している場合もあります。

大事な事は、目は離さない。お子さまと犬だけにはしないよう、お願いいたします。

来週あたり、くうやすみれとバギーの横について、プチピクニックを予定しています🐶

それでは🙋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. すみれと山歩き。

  2. 年配の方と犬との関係

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA