赤ちゃんと犬との関係

いつも、ブログをご覧いただきありがとうございます。

最近、すみれの表情がいい感じです。

こちらに来た時は、目に力がなくて、かなり細く

お尻の骨がポコッと見えている

感じでしたが、体重も徐々に増えて筋肉質のいい体つきになりました。

目力も出て来て力強いです。

ただ、体幹がまだまだ弱いので、ここはトレーニングしていきたいと

思います。

 

 

では、本日のお題、赤ちゃんと犬との関係についてですが、

うちにも4か月になる孫がちょこちょこ遊びに来てくれます。

くうとすみれがどういう様子がどうか、孫の様子はどうか

注意深く見ていますが

まずは、すみれと握手ではなく・・握足!!しました(笑)

孫が来てすぐは、犬達は隣の部屋で待機し、

少し慣れたら隣の部屋をオープンにして

少しづつ近づけています。赤ちゃんにとっても犬との初対面は大事

いやな思いはさせたくありません。

我が家の犬たちは、大好きな息子のお嫁ちゃんと来たこの子は誰?

って感じでぼーーっと見ていました。

もう何回も会っていますが、くうもすみれも孫が泣いた時は

どうしたん?という感じで静かに見守っています。

今後、フリーにすることが出てくると思いますが、

犬の本能などを踏まえて、フリーにする時は、私は目を離さない!

これは徹底していきます。

 

関連記事

  1. すみれ、姫路城を見る?

  2. あじさい、きれいです

  3. 物慣れ その1 掃除機