犬がお散歩で動かない時の対処

姫路で犬のしつけ教室、出張型のトレー ニングならdogs life calmへ🐕

 

いつも、ブログをご覧いただきありがとうございます🍀

最近、出張でお伺いする案件で、お散歩中に止まってしまうんです!!というお悩みが、結構多いです。

 

お散歩は行かないといけないのか?

散歩は、運動や排泄のためだけではなくて、外の刺激を経験する大切な機会になります。

お散歩不足による、影響は、

・吠え、

・分離不安(お留守番ができない)、

・自傷行為(尻尾を噛んだり、指の先をしつこく舐めるなど)

・落ち着きがない

などの原因になるので、小型犬であっても外に出る機会は必要になります。

コースなども、何パターンか作って、いろんな人や犬や物、音などになれる機会を作ってあげましょう!

お散歩の効能

🍃日光を浴びることで、ホルモンバランスを整えることができる。

🍃エネルギーを発散できる。

🍃楽しい散歩ができると、おうちでの問題行動が減る。

🍃おうちの周りの情報も匂いを嗅いだりすることで収集できる。周りの状況がわかるので、ドキドキしない。

🍃飼い主様とのコミュニケーションを取る事ができる。

🍃ご家族以外の人や、他の犬とも、交流ができる。

など、利点はたくさんあります。

何故止まってしまうのか

飼い主様は、散歩は行かないと!と、動き出しますが…突然、立ち止まったり、腰を据えて座ってしまい、

リードを引っ張っても、なだめてみても、全く動かなくて、

途方にくれてしまいます。

ここで、おうちに帰ってしまうと、止まれば、おうちに帰れるルールができあがってしまうので、

どんどん、お散歩いらない!になっていく訳です。

だた、体調がよくない、足を怪我している場合もあるので、普段から体調チェックはしてあげてください。

それでも、体調はいいし、おうちでは、ちゃんと歩けるのに、外に行くと歩けないのなら、

原因は、わがままだけと思いがちですが、

・外に対する経験不足

・散歩のやり方

・止まってしまう場所で、過去に何かあった

・気になる匂い、音がする

などの原因も考えられます。

まずは、何が原因で止まってしまうかを見てあげ、不安があれば、取り除いてあげないといけません。

止まってしまうときの対処

 特に朝の時間などは、お仕事に行く前など時間の制限があって、止まってしまっても無理やり引っ張って、

排泄場所まで連れていってしまいがちですが、散歩嫌いが増してしまいますし、飼い主様との信頼関係にも繋がって

しまうので、できるだけリードを引っ張らないで、お散歩します。

例えば、人と犬が違うコースにすすみたい時は、犬が違う方向に引っ張ってからでは、なかなか大変なので、

歩くコース取りも大切ですし、止まって、犬の方から人側が行きたい方向に向かってくれるのを待ちます。

ちゃんとついて来てくれたら、必ず褒めます。

この後は、犬が気分よく歩けるように、楽しくリズムよく歩きましょう😊

何をしても動かない場合は、小型犬など抱っこできる場合は、しばらく抱っこしてあげます。帰らなくても、周りの

状況は、そんなに悪くないよという事を、わかってもらいます。

落ち着けば、一度降ろしてみます。歩けばそのまま進みます。1回歩けると歩くことも多いので、

根気強くやってみます。

それでも、歩かない時は、抱っこでもいいので、進みます。まわりの雰囲気に慣れてもらいます。

大事なのは、自分の4本の足でしっかり歩くことです、歩けたら、しっかり褒めます。

踏みしめて歩く経験を繰り返すと、家の周りを歩く自信に繋がっていきます。少しでもいいので歩ける距離を延ばし

たいです。

 

過去に嫌なことがあり、止まってしまうところが特定できる場合は、コースを変えて、気持ちよく歩くことを

1番にしながら、少しづつ苦手なところも、歩いていけたらなと思います。

 

気になる匂いがあって、電柱ごとに止まってしまうのも、ちょっと困ったものです。進まない・・・

マーキングをする(においをつけるための排泄、電柱ごとにする犬もいます。)可能性もあるので、

どのコースを行こうか、この電柱は通り過ぎてしまおうか、決めてあげてください。

音は、嫌な音をいいものにしていきます。おやつをあげても構いません。

 

前も言いましたが、拾い食いをしてしまう犬は、横をついて歩かないと、拾いそうになった時に防げません。

この場合だけは、ついて歩くことをお願いしてますが、

通常は、横を常に歩かないといけないという事はありません。

安全な場所で、ロングリードも使ったりして、ゆったり歩かせてあげることも大事です。

たまには、おいでの練習もしたり、走ったり、またゆっくり歩いたり、動くスピードを変えてみたりすると、

人の動きに合わせてくれるようにもなり、人も犬も、楽しく歩けるようになります。

いろいろ工夫していくと、そういえば、最近止まらなくなったとか、少しの変化にも気づくはずです。

リードが張らず、ゆったりとした散歩を!

お互いが無理をしない散歩を!

心がけましょう!

お散歩中の排泄物は、きちんと持って帰りましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. お散歩時のコミュニケーション カウンセリング Kちゃん

  2. 落ち着き、甘噛み、お預かりトレーニング Mちゃん、Hちゃん

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カレンダー

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031